商品説明・釣行・制作秘話などをご紹介!
こんにちは!フィールドモニターの川端です!


今回も同じくモニターの小中君と共に南紀串本のかわばた渡船さんにお世話になりました。僕らがここまで串本に通い詰める理由は潮の変化が激しい串本ではいつ大型カンパチ・底物が当たるか分からないと言う事と、行けば肝っ玉母ちゃんと優しい船長や奥様方が出迎えてくれるからです。


さて釣りの方ですが今回は宿泊で2日連続ジギングで、BEATから発売された新しいジグのWOOFとBEELINEをメインで釣りをしました。

普段黒潮がぶっ飛ぶ串本では軽いジグでは底取り出来ないためGREATREY250g~350gぐらいがメインになるのですが、2日間を通して潮の流れが緩く、WOOF160g、BEELINE130gで串本の複雑な根を攻める事ができました。


IMGP0145_convert_20120514191228.jpg



WOOF160gでチカメキントキ


IMGP0159_convert_20120514191253.jpg



ZIGREY200gでもチカメキントキ。最近こいつに好かれているようですが・・・・・


こんなのも来ました!


IMGP0139_convert_20120514191112.jpg
IMGP0140_convert_20120514191145.jpg



WOOF160gをサメにガップリ食われてしまいました!あんまり大きいように見えないかも知れませんが2メーター近くあります。



IMGP0149_convert_20120514191436.jpg



BEELINEではガシラをよく釣ったのですが、写真ありませんごめんなさい。


今回潮は良かったものの、好釣果には恵まれませんでした。でもこの翌日に大型底物と思われるラインブレイクが2発あったそうです。やっぱりいつ当たるかわからない!!


そしてWOOF、BEELINEの使用感としては、WOOFは抜けがいい形状になっているのでジグをスピードに乗せて釣る青物釣りやもちろん底をネチネチと攻める底物釣りにも威力を発揮してくれるでしょう。BEELINEはカップのような形状が特徴で、フワっとシャクるとカップ面が下を向き、ジグが静止するような間ができた後にゆらゆらとフォールします。逆にショートピッチで強めにシャクってやると、フラット面が下を向きウォブリングを伴ったフォールが演出できます。


フィールドモニター川端


皆さんもこんな感じで使い分けてみてはいかがでしょうか?
次こそは好釣果の報告を出来るように頑張ってきます!!




スポンサーサイト

[2012/05/14 19:20] | その他
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: