商品説明・釣行・制作秘話などをご紹介!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川端です。私事ですがインスタやってますので、暇な人はフォロー宜しくお願いします。笑 →battan_0213

さて今回は、釣友小谷さんが乗り子をやっている泉佐野のシーライドさんで初めてお世話になりました。
紀淡海峡で青物とタチウオを狙います。

青物は完全なタチパターンに入っているとの事。シルバー系のロングジグを中心にセットしておきました。

朝イチはブリ狙い。小型のタチウオが潮に流される姿をイメージしてふわふわとシャクります。すると2流し目に底から6~7mの所でガツンとアタリました。

慎重にやりとりして上がって来たのは紛れもなくブリ!

S__50429958_convert_20171011170922.jpg


ブースF SL180gアルミシルバーにがっぽし!長さは96cmありました。やったぜ~

そしてすぐに潮が流れなくなったので、タチウオ狙いへ移動しましたが、指3本ぐらいのやつがパラパラとアタる程度。再度ブリ狙いへ移動です。

しかし朝イチにブリを釣ったので、気持ちはサワラへ傾いていました。笑
少しばかりサワラを意識して早巻きとフォールを織り交ぜて中層までしっかりシャくると狙い通りにフォールでガツガツとアタリました。

上がって来たのは狙い通りのサワラ!かなり嬉しい~!

S__50429963_convert_20171011170948.jpg


このポイントはかなりアタリが頻繁に出ました。どうやらツバスがジグに戯れてくる様で、ジグサイズを小さくすると1発で掛かります。

ツバスを避ける為にジグサイズを250gに上げてフックもフロントフックのみで勝負する事にしました。それでも偶に掛かって来ますが。笑

そして作戦通りにツバスを避けてのサワラ。

S__50429964_convert_20171011171327.jpg


もう十分釣ったのですが、再度ブリを捕獲する為にブリ狙いジャーク。するとウソみたいにヒットしてのブリ。

S__50429968_convert_20171011171015.jpg


やり取り中に潮の流れに乗ってしまい上げて来るのにヒィヒィ言わされ、腰の限界が近いのを悟って最後は割と雑なやり取りになりましたが、何とか上がってくれました。

ブースF SL250gアルミシルバーでした。

こいつも96cmで最初のブリと同寸でしたが、でっぷり肥えてこちらの方が重かったです。

ここら辺でアタリが無くなりました。
夕方の時合いまで粘ったらまた釣れるだろうけど、同船者の方にも釣れてもうクーラーいっぱいと言う事で早上がりとなりました。

S__50429969_convert_20171011171024.jpg


これだけ釣れりゃ大満足ですね!

シーライドでは小谷さんが釣った魚の内臓処理までしてくれます。家で捌く時にゴミが少ないのでこれは楽チンですね~

S__50429970_convert_20171011171034.jpg



まだまだタチパターンの青物はこれからが本番ですので、皆さんチャレンジしてみて下さい!

因みにブリとサワラは家で寿司になりましたが、脂ノリノリでヤバい美味さでした~

S__50429971_convert_20171011171042.jpg


今回のタックル(青物)
ロッド:プロパゲート#3
リール:オシアジガー2000
ライン:PE1.5号~2号 リーダー8号
フック:サーベルトリガー、ホールド各4/0、5/0
ジグ:ブースF SL180~250g
スポンサーサイト

[2017/10/11 17:15] | モニター釣行記
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。